葬儀のマナー

高齢者が増えてくる時代、「葬儀マナー」という言葉が身近な存在となって来ました。
そこで、普段接する機会が少ない葬儀マナーを考えてみましょう。

危篤の知らせを受けた場合

普段着のままで構わないので、何をおいても駆けつけましょう。

訃報を聞いた場合

【通夜】
通夜へは地味な外出着で構いませんが、派手にならないようバッグやアクセサリーにも注意します。
【葬儀・告別式】
男性:ブラックスーツに黒ネクタイ。
女性:黒のフォーマルウェアが一般的。

通夜のマナー

(1)通夜は、通常一時間程度行われるので、その間に弔問するようにします。
(2)受付では、お悔やみを述べてから記帳します。香典を差し出す場合は、相手に名前を向けます。そして、名刺を渡す時は、左下の角を表側へ折って出します。受付がない場合は、遺族にお悔やみを述べ、香典は祭壇に名前を自分側に向け供えます。

焼香の仕方

(1)焼香の回数は宗派によって違いますが、一般会葬者は一回でも二回でも構いません。

(2)礼(立って行う拝礼)と座礼(座って行う拝礼)の焼香の作法は同じです。
 ・遺族と遺影に一礼
 ・香を3本指でつまみ目の高さでいただく
 ・香をくべる(もやす)
 ・合掌し遺族に一礼し席に戻る

数珠(じゅず)の扱い方

焼香する時は左手、合掌する時は両手にかけて、親指と人差し指ではさみます。使わない時は、左手で房を下にして持ちます。

神式とキリスト教式の場合

神式では玉串奉奠(たまぐしほうてん)、キリスト教式では献花となります。前の人に習って、玉串も花も祭壇のほうに向けて供えるだけです。

通夜ぶるまい

故人の思い出を語りながら、用意された食事に箸をつけるのが礼儀とされています。また、飲み過ぎは控え、車で来た時はお酒を断りましょう。

香典

(1)香典袋は、「御霊前」が宗教に関係なく使えます。紙幣は古いお札を入れ、ふくさに包んで持参します。
(2)香典の金額ですが、両親や兄弟姉妹の場合約5万円~10万円、祖父母や親戚では1万円~2万円、友人・知人・ 仕事関係などでは5千円~1万円くらいが一般的です。

供物・供花

供物や供花を贈る場合、事前に遺族の意向を確認しましょう。

葬儀・告別式のマナー

(1)告別式だけに参列する場合は、指定の時間内に伺って焼香します。出棺間際に伺うのは失礼になりますので注意が必要です。
(2)遺族を見かけた時は、会釈するだけにとどめます。友人・知人に会った時でも目礼程度とします。
(3)告別式では、焼香が終わってもなるべく残り、合掌して出棺を見送るようにします。

弔辞を頼まれたら

(1)弔辞の依頼があったら、引き受けるのが礼儀です。
(2)弔辞の朗読時間は三分くらいが目安となり、内容はできるだけ自分の気持ちを素直に表現しましょう。
(3)弔辞を読む時には、祭壇の前に進み遺族と遺影に一礼し、故人に語りかけるように話します。

お清めの仕方

通夜や葬儀・告別式から帰ってきたら、玄関に入る前に塩をひとつまみずつ胸と肩のあたりに振りかけ、お清めをします。

弔問できないとき

どうしても事情があって弔問できないときは、弔電(お悔やみ電報)を喪主宛に打ち、差出人名はフルネームで出します。

法要に招待されたら

(1)案内状がきたら、なるべく早く出欠の返事を出します。
(2)出席する時は、供物料を持参します。現金を包んで行く事が一般的なので、金額は1万円を目安にする人が多いようです。

不幸を後で知ったら

すぐに電話や手紙でお悔やみを伝えます。先方の都合を確認した上で、できるだけ早く弔問しましょう。

  • 教えて!カードローン
  • 葬儀のQ&A
  • 葬儀用語集