葬儀の流れ

臨終直後の対応

家族・親戚への死亡通知、葬儀社への連絡を行います。連絡を受けた葬儀社はご遺体を自宅に移送します。
一般葬儀社の使用している「白ナンバー」の寝台車は「白トラ」と同様に、違法行為として法律で禁じられています。
※霊柩車・寝台車の料金は、種類と距離・時間によって異なります。

枕飾り

納棺するまで頭は北に向けて安置します。手は胸の上で組ませ、数珠をかけ、顔はサラシの面布で覆います。枕元に小さな机を置いて白い布をかけ、ローソク、線香などを飾り、火をともします。

喪主の決定

通夜・葬儀を円滑にとり行うために喪主・世話役を決めます。喪主は世帯主・配偶者・長男などがなりますが、葬儀後も年忌法要などの供養を行う人がよいでしょう。

葬儀内容の決定

故人の地位、宗旨、会場、規模、会葬者数などにより、葬儀の内容を決定します。通夜・葬儀の日時と会場は、僧侶や火葬場、会館の都合などもありますので、喪主・僧侶・葬儀担当者との間で決定します。

通夜・葬儀の手配

(1)祭壇に飾る遺影の準備をします。
(2)火葬場に行くタクシーの手配をします。
(3)受付用具・記録簿を用意します。
(4)会葬礼状の印刷を手配します。
(5)会葬御礼品(粗供養品)を用意します。
(6)通夜ぶるまいの用意をします。
(7)喪服の用意をします。

通夜

通夜は午後6時~7時頃から始めます。僧侶の読経、焼香、喪主のあいさつのあと、通夜ぶるまいと進みます。

葬儀準備

(1)受付の準備、会葬御礼品のセット(会葬御礼品、会葬礼状は通夜の前に用意します)
(2)弔電を整理し奉読の順を決めます。
(3)席順や焼香順位を決めます。
(4)火葬場へ行く人を確認します。
(5)お布施の用意をします。
(6)初七日法要の料理の確認をします。

葬儀

葬儀は宗派や会場によって多少異なりますが、一般的には次の順で行われます。
(1)参列者着席
(2)導師入場
(3)開式の辞
(4)読経
(5)導師焼香
(6)弔辞弔電奉読
(7)遺族焼香
(8)一般参列者焼香
(9)導師退場
(10)閉式の辞

出棺

葬儀が終わったらご遺体を花で飾り、故人愛用の品を納めます。親族は故人との最後のお別れをして、近親者で棺を霊柩車に運びます。

火葬・骨あげ

火葬にかかる時間は1時間半ほどです。收骨される方は係員の連絡があるまで、休憩所でお待ちいただきます。遺骨は帰宅後、壇飾りに安置します。

法要・食事

最近では葬儀当日に初七日法要をつとめることが多く、法要後の食事では、僧侶、世話役、手伝いの方々をもてなします。

葬儀を終えて

世話役をはじめとして、葬儀の引き継ぎは、なるべく葬儀当日に行います。
(1)香典
(2)香典、供物の控え帳
(3)弔電、弔辞
(4)会葬者名簿
(5)会葬者の名刺
(6)会計帳と残金

  • 教えて!カードローン
  • 葬儀のQ&A
  • 葬儀用語集